BIOGRAPHY                                                               George Root(Inaki)                                                 Founder and CEO

George Root, best known as George Inaki to the taste-making Japanese market, is a NY based digital publicist who specializes in luxury brands. Most recently, Root founded George Root, Ltd., a boutique consulting agency specializing in forward-thinking digital publicity, event production and social media campaigns for global brands that want to break into the Japanese market. His clients include some of the most recognizable global brands and Japanese celebrities.

Even though he lives in NY, Nihon L’Oreal appointed him as Nihon L’Oreal Digital Ambassador in March, 2016.

It’s easy to describe Root as a bespoke consultant in the digital public relations world, who is also an influencer himself.  But it is Root’s understanding of the Japanese digital market along with his charisma and personal relationships with some of the most influential people in fashion around the world that set him apart from others.  

 Photo by  Hiroyuki Seo .

Photo by Hiroyuki Seo.

Before founding George Root, Ltd., Root served as a celebrity publicist and casting director for global influencers under various special freelance projects. In 2013, he joined ZOOM Emotions, Inc. as PR Director, where he managed events and handled public relations for luxury brands. That same year, he served as project director for Paris born annual fashion film festival ASVOFF TOKYO(A Shaded View On Fashion Film) 2013, helping to present the forth celebration of the film festival in Tokyo and serving as PR lead, branding expect, celebrity casting and event strategist for the 1,000+ people event.

Root got his start at American Apparel Japan, where he managed to reach the position of PR Manager in just two years from his start date after graduating college. In that time, he was instrumental in making American Apparel Shibuya the #1 selling store out of more than 250 global stores in 2012. That same year, Root helped put American Apparel on Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S calendar, making it the first non-designer brand to showcase at such a large scale in Tokyo.

Root, a transplant from Tokyo, currently resides in the Soho neighborhood of New York and is constantly travelling all over the world.

2年間のフリーランスとして積んだ経験を活かし、ブティック系デジタルPRコンサルティングエージェンシー、George Root Ltdを設立。

今の時代では欠かすことの出来ないデジタルPR戦略コンサルティングを中心に、クライアントの要望に応えながら、セレブリティパブリシストをはじめクリエイティブディレクション、イベントコンセプターとして柔軟に活動している。
また、クライアントのニーズに合わせた柔軟なサービス提供は、まるでクリエイティブエージェンシー版        ビスポークだ。

2014年2月に拠点を東京からNYに移すも、日本マーケットをターゲットに数々のラグジュアリーブランドのイベントコンサルティングやデジタルPRアドバイザーとしてグローバルに活躍している。
これまでの活動が注目され、2016年3月に日本ロレアルに指名されてデジタルアンバサダーとして就任。 デジタルマーケティング界に革新的な衝撃を与える。

完全なトライインガルとして、英語、日本語、フィリピン語の3か国語を武器に、NY、LA、東京、ヨーロッパを主に世界中を飛び回り、果てしないネットワークをもつ、日本と世界を繋ぐ人物といえる。

そんな稲木ジョージ(George Root)は、2010年に大学卒業後、入社よりわずか2年でアメリカンアパレルジャパンのPRマネージャーに就任。ソーシャルメディアを操り、カリスマ 性のあるインターナショナルに通用する戦略が功を奏し、全世界250店舗の中から、見事にアメリカンアパレル渋谷レディース店を世界一の売り上げ (2012年度)を誇るストアまで急成長させた。2012年にはMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013S/Sにおいて、初のノン・デザイナーブランドとしてアメリカンアパレルを参加させ、クリエイティブディレクションからPR戦略、セレブリティ キャスティングまですべてを手掛けた。
2013年11月には、「BoF500」で世界を動かしている人物にも選ばれたファッションジャーナリスト のダイアン・ペルネがキュレーションを行う、世界初のファッション短編映画祭「A Shaded View On Fashion Film」(ASVOFF)のプロジェクトディレクターを務め、PR戦略、ディレクション、ブランディングを担当。第4回目を迎えるイベントのオープニン グでは1,000人以上を動員して、大成功を収めた。