Manhattan-based boutique PR consulting agency, George Root Ltd. has one rule: do things differently. Well-established in both Japanese and American markets, Root bridges the luxury gap in Asia. His work has singlehandedly created a niche market for global brands in Japan through his partnerships with companies that wish to localize their product abroad. In today’s highly saturated luxury landscape, George Root Ltd. sets itself apart with made-to-order, 360-degree strategies—custom consulting for every business. Unlike other agencies, George Root Ltd. believes that multi-platform brand building opportunities are only effective if they take a consumer’s culture into account to provide one strong and clear message. This worldly approach allows Root to move seamlessly within the realms of digital PR strategy, event planning, talent casting and content planning. As the go-to PR leader in Japan, Root is able to apply his strategy to brands of all sizes. Refreshingly organic and relentlessly creative with the data to prove it, George Root Ltd. is redefining what it means to be a luxury leader.

George Root Ltdは2016年、ブティック系デジタルPRコンサルティングエージェンシーとして、稲木ジョージが設立しました。

当社では、文化の違いや相互理解が必要とされるグローバル開拓の手助けを、言語の面においてだけでなく行い、海外のブランドによる、独特かつ難解と言われる日本市場での定着を後押しします。当社で行うローカライズとは“日本風”にアレンジすることではなく、そのブランドのDNAや長所を日本へ落とし込みながら、本国のビジョンをそのままに表現し、日本市場に浸透させます。

また、グローバルの特性を熟知したコンサルティングなどを用いて、日本の企業の世界進出をPRのみならず全方面よりバックアップし、正しくその魅力を発信します。

そういった意味で当社が担うのは、世界と日本とを繋ぐ“架け橋”という役割です。

世界を最短距離で繋ぐために欠かすことのできないデジタルPRの先進的戦略コンサルティングを駆使し、そのサービスを中心にセレブリティパブリサイジングやクリエイティブディレクションを通じて、各クライアントの細やかな要望に応え、“オートクチュール”のように、丁寧に適切化いたします。

また、広告ディレクションやプロダクションなども担当でき、立体的かつ奥行きのある施策を実施するため、プロジェクトを一括してお任せいただけます。

当社では、プロジェクトごとに最も適したインフルエンサーをその都度選定し、企業とインフルエンサーたちを結ぶことで、オーガニックなバズを生むイベント企画やブランディングも行っています。時代の流れを予測し、3歩先を行くことで、業界での前例を作り続けるワンストップコンサルティングエージェンシーです。

GEORGE ROOT

FOUNDER & CEO

Screen Shot 2017-11-04 at 22.56.14.png

George Root is an international force to be reckoned with. Prior to founding his digital PR agency, Root worked as a highly sought-after freelance publicist and casting director.

Among his former initiatives? The project director of the Paris-born ASVOFF TOKYO film festival and his groundbreaking work for American Apparel. In 2012, Root propelled the Shibuya store to the number one selling American Apparel out of over 250 global locations. In 2016, Root was appointed Nihon L’Oreal Digital Ambassador; the same year he founded his boutique digital PR consulting agency, George Root Ltd.

His unparalleled influence over the Japanese market makes Root one of the few PR consultants able to successfully bridge the gap between Japan and the rest of the world. As the powerhouse creative behind some of the most recognizable global brand activations— ASICSTIGER, Bobbi Brown, FarFetch, Furla, GCDS, Giorgio Armani Beauty, L’Oreal, Shu Uemura, to name a few—Root’s portfolio is as dynamic as he is. In a climate where originality is sparse, Root’s custom, made-to-order PR strategies are a refreshing break from the norm. Because of his voracious travel schedule and unparalleled intuition, Root is always at the forefront of trends, continuously proving his uncanny ability to dominate any industry, worldwide. Moreover, through his partnerships with companies that wish to localize their product abroad, Root has singlehandedly created a niche market for global brands in Japan.

h11.jpg

If his career path thus far is any indication, George Root is only just getting started. His latest venture? The release of his highly-anticipated first book in Japan, 42 Tips to Make it Global. Just as the title suggests, Root chronicles his rapid rise to success and sheds light on what it takes to make it in the cutthroat world of global luxury brands. Within its pages, Root positions himself not only as an advisor but also an educator to those attempting to break into international markets. Root describes the industry in a raw voice that is wise beyond his years—a trait that no doubt has catapulted him to where he is today. 

設立者で当社CEOを務める稲木ジョージは、2014年にニューヨークへ移住。アメリカン・アパレルジャパンなどで残した実績と経験を生かしてフリーランスのデジタルPRになったのち、2016年にGeorge Root Ltd.を興しました。稲木は、ヨーロッパのファッションウィークに参加することで得たグローバルな交友関係、アジアへの旅や経験を通じた独自の視線、ニューヨークが拠点だからこそ肌で感じ取った、シャープな感性を通して、デジタルPRの戦略やそのグローバルな感覚を日本のマーケットに拡散させる、他に類を見ないコンサルタントです。

2017年、30歳になった稲木は、東京でインターナショナルブランドのさまざまなイベント戦略やラグジュアリーブランドのデジタルPRプロジェクトを成功させる傍ら、ニューヨークではグローバル広告キャンペーンのクリエイティブディレクションも担当しました。

同年10月には『ニューヨークが教えてくれた、「自分らしさ」の磨き方』を上梓しました。自身が実際に書き下ろした渾身の著書は、稲木の個性が表現され、インスピレーションを余すところなく伝えるもので、グローバルな人材になることを志す学生や企業の方への指南書のような内容となっています。ニューヨーク流の考え方、生き方、働き方のチャプターを軸に、稲木の自叙伝、自己啓発本、そしてビジネス本の要素を含んだ作品に仕上がりました。